CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
京都の北区にて注文建築専門の工務店を営んでおります。
ブログには、社長である「石屋紀次」が日々感じた事をアップさせていただきたいと思います。
当社の業務に興味をお持ちでしたら、ホームページも併せてご覧下さい。

http://www.kyoto-deseo.co.jp
<< モコちゃん プードル | main | あの頃ぼくらはアホでした 東野圭吾 >>
白雪姫には死んでもらう ネレ・ノイハウス
 
空軍基地跡地の燃料貯蔵槽から人骨が発見された。検死の結果、11年前の連続少女殺害事件の被害者だと判明。折しも、犯人として逮捕された男が刑期を終え、故郷に戻っていた。彼は冤罪だと主張していたが村人たちに受け入れられず、暴力をふるわれ、母親まで歩道橋から突き落とされてしまう。捜査にあたる刑事オリヴァーとピア。人間のおぞましさと魅力を描いた衝撃の警察小説

最近ヨーロッパ系の作品が多く出てきています。

今回はドイツの作品です。

途中から筋は読めてくるのですが、とりあえず登場人物が多いのと、ドイツの名前ですので親しみが無く覚えるのが大変でした。

全ての登場人物がおろそかに出来ない役割を持っていますので無視することも出来ませんでした。

物語としては面白く読めました。

☆☆☆☆
| 読書 | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。