CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
京都の北区にて注文建築専門の工務店を営んでおります。
ブログには、社長である「石屋紀次」が日々感じた事をアップさせていただきたいと思います。
当社の業務に興味をお持ちでしたら、ホームページも併せてご覧下さい。

http://www.kyoto-deseo.co.jp
<< 今日のゴーヤ | main | 福知山の現場 着工 >>
海と月の迷路
 
昭和34年。海に閉ざされた炭坑の島で満月の夜に一人の少女が不審死を遂げた。
殺人事件を疑う若き警察官・荒巻の“許されざる捜査"は、しきたりや掟に支配された島に波紋を広げていく。
暴かれていく人びとの過去、突きつけられる「警察官不適格」の烙印。
いま警察の正義は守られるのか。
次の満月、殺人者はふたたび動き出す――。

軍艦島を題材ににした作品です。
久しぶりの大沢在昌。かなり面白かったですね。軍艦島と言う特殊な環境での人間関係。フィクションとうたってありますが間違いなくそうだっただろうと想像がつきます。その中での事件。
友人が小さい頃ここに住んでいた事が有るそうで、その時の話を聞いていますので、妙にリアルでした。
久々の当りです。

☆☆☆☆☆
| 読書 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://kyoto-deseo.jugem.jp/trackback/1385