CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
京都の北区にて注文建築専門の工務店を営んでおります。
ブログには、社長である「石屋紀次」が日々感じた事をアップさせていただきたいと思います。
当社の業務に興味をお持ちでしたら、ホームページも併せてご覧下さい。

http://www.kyoto-deseo.co.jp
<< ナインドラゴン 上 | main | クリーピー >>
冬芽の人
 
彼を守れるのは、私だけ――元女性刑事の孤独な闘いを描く極上エンターテインメント! 殺人事件の捜査中の事故がもとで同僚を亡くし、その責を負って警察を辞めた牧しずりは、同僚の息子・岬人と出会う。彼がもたらしたのは解決したはずの事件に関わる新情報だった――次々と消息を絶つ関係者、事件を掘り返したくない警察。味方も武器も持たないしずりは、事件の真相に辿り着き、失われた人生を取り戻すことができるのか。

前回読んだ大沢在昌が久々のヒットだったので、アマゾンで何冊か注文してしまいました。
最近は読者のデビューを見て判断できるので本選びが結構楽です。これも評価が高かったので読みましたが面白かったです。
元女性刑事と言う事も有り、捜査の限界も有るのですが、じわじわと犯人に迫っていく面白みが有りました。

☆☆☆☆
| 読書 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://kyoto-deseo.jugem.jp/trackback/1391